STORYストーリー

あらすじsummary

舞台は現代。日本。
都会でもなく田舎でもない、でも海が近い町。そんな静かな町で父と2人で暮らす鵡藤ツヅリは、生きることに不便なんてものを感じたことはなく、しかし不満に思うことがないわけでもなく、でも高校に行けばなんだかんだで楽しいと、そんなおぼつかない毎日が好きだった。
学校では親友のユウに振り回されたり、家では家事が上手くならない父親に呆れたり、宿題にため息をついたり、週に数回アルバイトをしてお金を稼いだり。そんな生活を送っていた。

それがずっと続くと信じて疑わなかったが、そんな日々が、急に終わってしまう。

ある朝。ツヅリが目覚めた場所は真っ白で覆われた部屋だった。広い部屋、風にゆれるカーテンのすべてが知らない光景。そして、自分の視界を遮る前髪の先端、そして自分の細い足や腕さえも、全く知らない他人のものみたく目に映る。

あなたは誰?
自分の顔が写る鏡を見て、彼女はそう問うのだった。

WEB限定コンテンツ

本サイトでは、
本編に収録されてるストーリーの
前日譚にあたるシナリオと、
スタッフによるストーリー解説を掲載予定です。

※前日譚シナリオは本編へと直接つながるシナリオとなっており、本編シナリオのネタバレ要素は一切含まれておりません。

※ストーリー解説は、スタッフによる細かい解説や描写意図等を紹介しております。